すきっぷならではの便利サービスも多数!

ストーブ修理・タンク洗浄

 

ストーブ点検・タンク点検は早期点検お勧め致します

北海道では冬のストーブが快適な日常生活を送るとても重要な生活器具です。
10月以降になると、朝や夕方以降の気温がぐっと下がり、
あっという間にストーブの点火する時期になります。
ストーブは寒くなると、毎日使用しなければなりませんので、本格的な寒さが来る前に、修理・分解整備をお勧め致します。
火が伴う電化製品は、長年の点検や修理を怠ると重大事故に繋がる可能性があります。ご家族やご自身の安全の為にも、早期点検しておきましょう!

 

石油ストーブの分解整備

ストーブの燃えが悪い・着火が悪いようであれば分解整備をおすすめします。

 

分解整備はなぜ必要なの?

使用されているストーブは使用中に、ススや酸化物等で徐々に汚れていきます。フィルターの掃除をしていても、内部にホコリがたまってしまうのです。

2~4年に1回の分解整備で機器の熱効率、寿命がグンと伸び、シーズン中の思わぬトラブルを防ぎます。

 

ホームタンク クリーニング

ホームタンクのクリーニングはお済みですか?

冬の間の厳しい条件におかれているホームタンクは、温度差によりタンク内に水滴がたまり、配管内で凍結するおそれがあります。
また、年々タンク内には鉄さび・ゴミがたまりストーブの故障につながります。
定期的なホームタンクのクリーニングをおすすめします。

 

 

自宅で出来る簡単ストーブチェック!

 

こんな使い方はしていませんか?

電源プラグとコンセントの間にホコリ・ゴミが付着

ホコリ・ゴミを乾いた布などで取り除いてください。

ホコリ・ゴミがあるとショートの可能性も増えます。

温風吹出口や空気取入口をふさいでいる

温風吹出口の前に衣類を置いて乾燥させたり、

紙などで空気取入口をふさがないようにしましょう。

スプレー缶を温風の当たる場所に置いている

スプレー缶の圧力が上がって爆発の危険があります。

決して置かないでください。

可燃物のそばで使用している

カーテン、障子などの燃えやすい物のそばで使用しないでください。
温風吹出口の前に座布団などを置かないようにしましょう

 

こんな症状が見られたら、直ちに使用を停止し、点検を!

以下の状態が見られたら危険です!すぐにすきっぷまでご連絡下さい!

 

炎が不安定でスス・黒煙が出ている

エラー表示が点灯したら

点火できない・点火してもすぐ消えてしまう

点火時、消火時または燃焼中に異音、異臭を感じる

故障や事故の可能性があり、危険です。すぐに使用を停止して、すきっぷまでご連絡ください。

 

取扱いメーカー

コロナ、サンポット、ノーリツ、トヨトミ、その他各メーカー

 

 

0154-21-7100

0154-39-0889

くしろスキップREカード